太陽光発電の良さについて

化石燃料による高騰化

この10年間で化石燃料が少なくなっている関係からや輸入による関係により、車の原動力となるガソリンなどの化石燃料が高くなり始めています。まれに、安くなることもあるが、それでも昔ほど安くはならず高価なままです。また、火力発電にも化石燃料が多く使われており、日本が発電に多く占めている方法も火力発電です。日本では原子力発電も行われていましたが、震災の影響で福島原発の事故以来稼働している発電所は、現在では二箇所しかありません。

原子力発電所の減少の影響

原子力発電所の減少により、電力が足りなくなってしまったため火力発電による発電が大きく増えました。これにより、化石燃料の減少も速くなってしまい、二酸化炭素の排出による環境への問題も懸念されています。そこで、注目されているものが風力発電や太陽光発電、水力発電などの新エネルギーによる発電方法です。新エネルギーは二酸化炭素を排出しないで発電することができるので、環境に優しく発電することが出来る方法なので現在注目されています。

一般家庭にも多く見られる太陽光発電

最も身近な新エネルギーは、太陽光発電だと思います。太陽光発電は、一般の家の屋根や車庫の屋根に設置することが出来るので電気代の節約としてつけている家庭も増えています。また、公共の太陽光発電として地域の公民館などにも設置されている場所も増えてきました。最近では、車にもつけられていて車でも発電することが可能となりました。これにより、身近な発電方法として知られています。化石燃料を使わず、環境にも影響の与えない方法なのでこれからも増えていって欲しいです。

太陽光発電のメリットは、使用しなかった分の電力を電力会社に売ることが出来ることです。初期投資の費用が高くても、長期的に見ればプラスになる場合もあります。