テレビに出演している有名人のギャラ事情

テレビ局によって出演料が変わる場合も

テレビに出ている有名人のギャラはどのように決められ、そしてどのように支払われているのでしょうか。まず、ギャラの支払額はテレビ局によって変わってきます。たとえば、公営の放送局は民放のテレビ局と比べるとギャラは安いといわれています。ただ、安いからといって出演を拒否する有名人はほとんどいません。というのは、公営放送の番組に出演することで箔がつくからです。民放のテレビ局の場合、タレントの格や出演番組の制作費などによって変わってきます。

ゴールデンタイムの番組の方が深夜番組よりギャラが高い

たとえば、基本的に深夜の番組に比べればゴールデンタイムと呼ばれる時間帯の番組の方が制作費が高く、ギャラも上がります。これは、視聴率が違うため、ゴールデンタイムのCM放送料の方がずっと高く、その分、制作費に回せるからです。深夜の番組に出演しているタレントが、ちょうど人気が出てきた頃に番組を降板してしまうことがありますが、これは人気が出たことによって格が上がり、事務所が要求するギャラが上がって番組制作費から出せなくなってしまったからという場合が多いです。

同じ番組に出ていても所属事務所によって手取額が違う場合も

では、ギャラの支払われ方はどうなっているのかというと、テレビ局からタレントに直接支払われるということはなく、必ず事務所を通して支払われます。事務所によって、受け取ったギャラの中から何割タレントに支払うのかは違うので、同じ番組に出演している同じような人気のタレントなのに、所属事務所の違いによってもらえるギャラがまったく違うということも珍しくありません。若いタレントの場合は事務所から固定給という形で受け取っている場合もあり、いくら番組に出演してももらえる額はほとんど変わらないということもあります。

山本英俊は、1955年生まれの名古屋市出身の実業家で、パチンコ・パチスロ機の卸会社の会長だけでなく、タレントの糸井重利の取締役でもあります。