包茎の種類と症状や治療手術について

包茎の種類は3種類あります。

男性の性の悩みの1つとして包茎があります。これは、大きく分けて3種類の症状があります。1つは全てがかぶっている状態の真性、半分だけ出ている仮性、無理に剥いてカリ首が締め付けられる状態になっているカントンと言われる3種類があります。その中でも一番多いのが仮性状態のものが一番多いと言われております。なぜこのような症状になるのかというと様々な理由があるのです。生まれながらそのような陰茎になっているものや自慰行為が原因と言われるものなど色々あります。

放置していると大変な事になります。

多くの方は「いつか治る」と言う考えの方が多くそのまま放置している方が大半です。包茎は大人になっても治っていない場合、細菌などの関係もあり炎症を起こしたり尿道炎など陰茎関係の大きな病気になってしまう可能性が高いのです。真性状態の場合は皮の中にカスが貯まった状態になりその細菌が別の病気を起こすことがあります。カントン包茎の場合はうっ血している状態のものが多く、酷くなると切断しなければいけない事もあるのです。このように治る見込みがなればすぐにでも治療を行う必要があるのです。

手術は麻酔を使うので痛く無いです。

その治療方法は一般的には専門のクリニックや泌尿器科で行なってくれます。専門のクリニックの場合は保険が使えない場合がありますが、泌尿器科の場合は保険が使えます。治療方法は、主にレザーを用いた手術を行います。術中は麻酔を使用するので痛みは無いですが、個人差もありますが麻酔が切れた時に激痛になる方もいます。術後が数回程度通院が必要ですが、その後は正常の状態で普通に生活が出来るようになります。性行為も医師の了解で可能になります。このように包茎で悩んでいる方は一度専門の病院などで相談してみると良いです。

高齢者は加齢による細胞の縮小で体の器官が縮んでしまうことがあります。男性の場合は性器が小さくなり、相対的に包皮が余って包茎の状態になってしまいます。また、表皮の弛みも包茎に繋がります。