日常生活に必要なLED照明

多様化しているLED

私たちの生活に無くてはならない照明ですが、現在は信号機やイルミネーションのライト、大型ビジョンなど様々な場所でLEDライトが使われています。LEDとは電圧をかけたときに発光する半導付素子(電子部分を指します。)で発光ダイオードとも呼びます。ホームセンターや電化製品を販売しているお店ではLEDライトを使った商品を一押しとして宣伝しています。これは、従来の白熱電球よりも寿命が長くエコなためでもあります。

白熱電球とLEDの違い

LEDの特徴として白熱電球と比べると寿命が長いと述べましたが、さらに半導体の素子そのものはほぼ半永久的に使えるため、電球の交換の手間や車のヘッドライトの電球が切れて危険な目に遭うことも防げます。消耗する場所として発光量が乏しくなるのは金属部分の劣化や断線による原因があります。従来の電球はフィラメントを加熱する事で熱光が出ます。LEDは電気を直接光に変えるためエネルギーの変換効率が非常に良い点が2つの違いと言えます。

環境にも優しいLED照明

登場当初は電気回路に含まれるスイッチのオンとオフの確認や近距離のネットワークの通信用途に使われていましたが、これだけ半永久的な寿命とガラスを使用していないため割れたり電気が切れる事がないため金属の劣化や断線が無い限り使い続けられます。蛍光灯に使われていた水銀の様な有害物質は使用していないため廃棄の際は簡単に廃棄ができます。これら環境に配慮されたものは広く世の中に多様化され私たちの生活に不可欠な存在になりました。進化した照明の下で家族団らんの日々が何より幸せにな日々ではないでしょうか。

LEDライトパネルは一般的な照明付き看板よりも電力消費量が少ないので維持費を低く抑えることが出来ます。その一方で照明設備は衝撃に弱いので、取り扱いは丁寧に行うことが長持ちさせるための心得です。